岸辺露伴は動かない「ホットサマー・マーサ」と「ジャンケン小僧」分のロケ地を画像と地図でご紹介。

坂の写真 ドラマ「か」行

岸辺露伴は動かない・・・不思議の国のアリスを思わせるようなミステリアスな雰囲気の【ホットサマー・マーサ】、ジャンケンの哲学を考察する【ジャンケン小僧】、今回はこの2つの物語のロケ地を現時点で分かる範囲でご案内します。

☆現時点で判明しているところを載せさせていただきました。いま不明のところも分かり次第載せていきます。2023.1.1最終更新

とは言っても基本、当たりをつけたあと暇を見つけてのGoogle Map捜索のため多少時間がかかります。

露伴邸(住宅兼アトリエ)についてはご面倒ですが以下の冒頭部に書いてありますのでご覧ください👇

岸辺露伴は動かないの「富豪村」「くしゃがら」 「D・N・A」のロケ地を画像と地図でご紹介。  
岸辺露伴は動かない・・・このミステリアスな雰囲気漂うドラマのロケ地、瀟洒な洋館の数々、音楽、そして全体に流れるアンニュイな雰囲気。絶妙とも言えるこれらのものをロケ地探訪し振り返ってみましょう。今回は【富豪村】【くしゃがら】【D・N・A】の3話分です。

【今見るには】最新作第7話「ホットサマー・マーサ」と第8話「ジャンケン小僧」ほか岸辺露伴の実写版(2020年~2022年放映分)とアニメ版は只今アマゾンプライムビデオで見られます👇 

Amazonプライムビデオ

ホットサマー・マーサ👇 「シャンケン小僧」のロケ地はこちら

第7話 ホットサマー・マーサ

☆露伴が憂鬱な気分を変えようと飼い犬のバキンを連れて散歩していたところ その①⇒神奈川県鎌倉市扇ガ谷3丁目【鎌倉・亀ヶ谷坂切通】👇 

👆左下の□を押すと地図と航空図が入れ替わります。

亀ヶ谷坂切通の写真
ここをバキンを抱えながら向こうに向かって歩いていました。このシリーズではおなじみの場所ですね。

☆露伴が飼い犬のバキンを連れて散歩していたところ その②⇒神奈川県横浜市中区1丁目・元町公園の西側にある階段 額坂👇

坂の写真
のちのシーンで神社に向かう露伴が走っていたのもここです。ここもこのシリーズではおなじみの場所ですね。
坂の写真

☆露伴が飼い犬のバキンを連れて散歩していたところ その③⇒神奈川県相模原市南区下溝3307−1付近 神奈川県立 相模原公園👇 以前のクレジットタイトルに出ておりようやく判明しますた。

👆分かりにくいですが画像中央の滑り台の向こう側の小路を右手から左手に歩いていました。よく見ると作中の露伴のバックに「森の木展望台」(画像中央付近)が映っていました、見落としていました。のちのシーンで神社に向かう露伴が走っていたのもここですね。

※ここは2020年放送分の第3作「D・N・A」で露伴らが片平真央(子供)と平井太郎(中村倫也)が滑り台で遊んでいるのを見つけた公園ですね。その時の滑り台はこの公園の別の場所ですが。

☆散歩の途中でバキンの異変に気付いた露伴が立ちどまった四つ辻⇒神奈川県三浦市初声町三戸941付近の四つ辻👇 

👆8話の「ジャンケン小僧」でも出て来ますね。   ドラマ「海猿」で出てきたビーチバムの裏の裏ですね、この辺りはバブル時代の遊び人の諸先輩方は詳しいのでは・・・。                

※四つ辻とは道が直角に交わるところ。十字路。四つ角(よつかど)です。

歩いてみた動画はこちらです👇 露伴やジャンケン小僧と同じ進行方向で歩いています。

☆散歩の途中でバキンに導かれるように露伴が立ち寄った神社⇒神奈川県逗子市沼間3丁目10−34 五霊神社👇 番組クレジットタイトルより

神社の写真
お参りしてきました。
神社の写真
神社の写真
見事な御神木です。樹齢800~1000年とのことです。
神社の写真
露伴が駆け上った階段 作中の構図をまねて撮ってみました。
神社の写真
露伴が駆け上った階段

作中での神主親子、ドラマ「TRICK」的な演出は面白いですが、、、少し怖かったす。

☆露伴が吸い寄せられるように入り込んだ大きな御神木の内部⇒栃木県日光市 日光杉並木街道 七本桜一里塚(木の根元に人が入れるくらいの空洞があり並木ホテルと呼ばれたりするそうです)👇 クレジットタイトルの栃木県フィルムコミッションより辿り着きました。

👆こんなに道のそばとは。ちょっと意外ですね。

第8話 ジャンケン小僧

☆泉京香(飯豊まりえ)がジャンケン小僧・大柳賢 (柊木陽太)に呼び止められ問いかけられたところ⇒神奈川県横浜市中区山手町 額坂👇

坂の写真
見えにくいですが、京香がかけられたのは写真中央部です。
坂の写真
写真中央やや左です。
坂の写真
写真の右端です。
坂の写真
京香がホットサマー・マーサの丸の数について聞かれ答えていたのは写真中央部あたりの踊り場と思われます、見えにくいですが。
※ちなみにのドラマの設定上、ジャンケン小僧は京香に「下のカフェでいつも・・・」と話しかけますが、打ち合わせのカフェ(のロケ地に使われているカフェ)は実際は階段を上がりきったところからしばらく歩いたところです。

☆露伴邸に向かう京香が何かの気配を感じて振り返ったところ⇒神奈川県鎌倉市扇ガ谷3丁目【鎌倉・亀ヶ谷坂切通】👇 

亀ヶ谷坂切通の写真
京香が振り返ったのはこの写真の手前あたりです。京香はジャンケン小僧にあとをつけられていましたね。
のちのシーンで出かけた露伴が、タクシーを捕まえるまで歩いていた道もここです。

☆ジャンケン小僧が独り言を言いながら歩いてきてバッタリ倒れた四つ辻⇒神奈川県三浦市初声町三戸941付近の四つ辻👇

路の写真
👆7話で出てきた四つ辻と同じところですね、ジャンケン小僧はこちらから向こうへ歩いていき四つ辻の真ん中付近でパタリと倒れます。
路の写真
路の写真
路の写真
せっかくなので4方向から撮ってみますた。

☆露伴が成犬となったバキンを連れて散歩していたところ⇒おそらくですがここです、神奈川県相模原市南区麻溝台882付近 神奈川県立 相模原公園 ※2020年放送「D・N・A」のクレジットタイトルより👇

👆露伴は向こうからこちらへ歩いています。歩いていたのはこの路なのですが、場所は誤差あるかもしれません。

☆愛犬バキンの散歩を終え、家に戻ってきた露伴の自宅前の背景👇

路の写真
作中で映っていたのは柵と瓦だけでしたが・・・

☆自宅を出た露伴がタクシーを捕まえるまで歩いていた道⇒神奈川県鎌倉市梶原5丁目付近の道👇 

☆露伴がタクシーを拾おうとしたらジャンケン小僧が割り込んできたところ⇒その先の道👇

👆露伴は左の道を下って来て、右の道から来たやってきたタクシーをつかまえようとしますが、そこへジャンケン小僧がするするっと。                               ここはクレジットタイトルに出ていた付近をグーグルマップで捜索していて見つけましたが、こう言ったラッキーパンチがないとなかなか見つかりませんよね。

☆露伴が京香と打ち合わせしようとカフェに行ったら、またもやジャンケン小僧が現れ横からするりと席をとられたところ⇒神奈川県横浜市中区山手町247 【山手十番館】のガーデン

店の写真
ガーデンは写真右端のほうです。
店の写真
撮影は数年ほど前なので少し古いです。。
店の写真
この日は結婚式で貸し切りなのか御覧の座席配置でした。
店の写真

☆カフェの帰りに露伴と京香が登っていた階段⇒神奈川県横浜市中区1丁目・元町公園の西側にある階段 額坂👇

坂の写真
坂の写真
ここまで上がってきたあと、露伴はあーだこーだ説教をする京香に対してジャンケンをし、負けた京香を帰らせます。
坂の写真
露伴と京香がジャンケンしていた踊り場を横から

☆露伴が「植物の図鑑」を買おうとしていたらまたもやジャンケン小僧が現れた古書店⇒神奈川県横浜市中区野毛町3丁目134 天保堂苅部書店👇

店の写真
第2話「くしゃがら」でも、露伴と志士十五鉢合わせした古書店として登場しましたね。
店の写真
視聴中にここかな?と思いましたが、書店の道路挟んだ向かいにある仏具屋さんが作中映像に入り込まなかったら特定は難儀だったでしょう。
ここの古書店は古本の独特のにほひが充満してて良いですね。

露伴が買おうとしていた「植物の図鑑」、むかし従妹のお姉さんの家に行ったとき一面にこの図鑑シリーズが並んでいて相当うらやましかった記憶があります。

☆スタンドを得たジャンケン小僧の逆襲にあい露伴がよろよろっと歩いていたところ⇒神奈川県川崎市多摩区登戸新町付近  多摩水道橋のアンダー👇

路の写真
露伴は向こうからこちらによろめきながら歩いてきます、その背後にジャンケン小僧がヒタヒタと迫ります。
路の写真
追い詰められた露伴は右の壁にもたれかかりながらジャンケン小僧にヘブンズドアを仕掛けます。
路の写真
ジャンケン小僧は通路右の壁にもたれかるように座らされます。
路の写真
作中では真ん中の赤い棒はありませんでした。
路の写真
突如目覚めたジャンケン小僧は露伴にジャンケンの何たるかをここで説きます。

ここのロケ地は「くしゃがら」でも出て来ましたね。
以前の話でも今回同様に古書店からワープしてこちらの現場。何か制作サイドからのメッセージなんですかね~

☆その後、露伴がジャンケン小僧に追い詰められたビルの屋上⇒千葉県千葉市中央区3-18-3 加瀬ビル158👇

👆現場100回じゃないですが、作品を何回か見直すとヒントはありますね、2人のバックにどこかで見た建物が~と思ったら千葉県庁でした。ということで周囲のビルの感じからしてもここで間違いないでしょう。

☆屋上でのジャンケン勝負の途中で露伴とジャンケン小僧が一旦ビルの1Fまで降りて、京香に声を掛けましたがその時京香が居たところ⇒東京都大田区大森北2丁目12−8付近の路上👇

路の写真
京香が居たのは「ビリーヴ」という看板のうしろ辺りです。
路の写真
京香が居たのは写真中央あたりです。
第一下川ビルディングを撮ろうと思って、大森海岸駅からぶらぶら歩いてきたとき偶然ここを発見。「ビリーヴ」のワインボトルの看板が無かったら気付なかったかもしれません。

☆京香に呼び掛けたジャンケン小僧と露伴が居たところ⇒東京都大田区大森北3丁目13付近の第一下川ビルディング・エントランス前の路上👇

ビルの写真
路の写真
作中の第一下川ビルディング・エントランス前の画像。

☆ジャンケン小僧との最後の対決となった工場⇒千葉県館山市山本1580 富士工業 館山工場👇 のようです。          

👆前回八王子??とか書いていたら知人が訂正してくれました。混乱させてすみません。。。

志士十五の部屋は「くしゃがら」で出てきたところと同じだとすると東京都大田区大森北3丁目13−5 第一下川ビルディングなのですが、これは確認できませんでした。ビルの中に入らないと無理ですね。

☆露伴と京香がバキンを散歩させていたところ⇒神奈川県相模原市南区下溝3277付近 神奈川県立 相模原公園👇

👆露伴と京香は向こうからこちらへ歩いています。歩いていたのはこの路なのですが、場所は誤差あるかもしれません。

☆露伴と京香が「海外旅行に行きたい」というテーマで辻占をしていたところ⇒神奈川県相模原市南区下溝3277付近の神奈川県立 相模原公園👇

👆四つ辻を通る子供の声で「ムリムリムリ~」

【※つじうら【辻占】  道の辻に立って,通りがかりの人の言葉を聞いて吉凶を判断する占い。道行く人の無意識に発する言葉の中に神慮を感じとり,それを神の啓示とした。出典:コトバンクより抜粋】

☆最後に京香がつぶやきながら歩いていた階段「あっ、パリ。ルーヴル美術館」⇒神奈川県横浜市中区1丁目・元町公園の西側にある階段 額坂👇 

坂の写真

次のエピソードは「ルーヴルへ行く」でしょうか・・・ 

ここまで御覧いただきありがとうございました。

【今見るには】最新作第7話「ホットサマー・マーサ」と第8話「ジャンケン小僧」ほか岸辺露伴の実写版(2020年~2022年放映分)は只今アマゾンプライムビデオで見られます👇  

Amazonプライムビデオ

※スマホでホーム画面を下に少しスクロールすると出てくる画面右下のサイドバーをクリックすると、ドラマがあいうえお別に分けられています。 PCは作品がホーム画面右のカテゴリーにあります。  宜しければ他のドラマのロケ地もどぞ。

【番外】撮影の最後に三浦半島の秘境とも言われる(その割には簡単に行ける)「黒崎の鼻」によってきました。

黒崎海岸。美しくもひと気無くミステリアスな海岸です。「岸辺露伴」制作スタッフの皆さま、2023年末はここを使って「密漁海岸」いかがでしょう。。。

彼方に見える崖の先端が黒崎の鼻です。
自分は黒崎海岸をあるいてみたかったのでこちらから廻りましたが、2個上の地図の赤マークから行くのが楽です。
でもこの黒崎海岸ルートは満潮だとどうなんですかね、自分が行ったのは満潮になる2時間ほど前でした。 
黒崎海岸、歩いてきたところ。ここに来るまでに「密漁禁止」の看板が見られました。
先端に近づいてきました。
岸辺露伴は動かないの「富豪村」「くしゃがら」 「D・N・A」のロケ地を画像と地図でご紹介。  
岸辺露伴は動かない・・・このミステリアスな雰囲気漂うドラマのロケ地、瀟洒な洋館の数々、音楽、そして全体に流れるアンニュイな雰囲気。絶妙とも言えるこれらのものをロケ地探訪し振り返ってみましょう。今回は【富豪村】【くしゃがら】【D・N・A】の3話分です。
『岸辺露伴は動かない』の「ザ・ラン」「背中の正面」「六壁坂」のロケ地を画像と地図でご紹介。
岸辺露伴は動かない・・・このミステリアスな雰囲気漂うドラマのロケ地、瀟洒な洋館の数々、音楽、そして全体に流れるアンニュイな雰囲気。絶妙とも言えるこれらのものをロケ地探訪し振り返ってみましょう。今回は【ザ・ラン】【背中の正面】【六壁坂】の3話分です。
岸辺露伴は動かない 六壁坂、ザ・ラン、背中の正面で使われたロケ地 山中の石段に行ってみたら魔宮の伝説のような現場だったので写真でご案内 
かるぅ~い気持ちで行ってみたらちょい絶句、なにやってんだワイは。。。でも電車賃だってバカにならないんだし。(結果的に)非営利ブロガーのわてにはここまで来てのやんぴは無いぜよ。 ということでテレビ版【岸辺露伴は動かない】の「ザ・ラン」「背中の正面」「六壁坂」の謎の石段撮影に行ってきました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました